大会終了のご挨拶

この度は第25回日本自閉症協会全国大会(広島大会)および第51回全国情緒障害教育研究協議会広島大会へご参加いただきありがとうございました。おかげさまをもちまして、成功裏に終えることができました。参加者の皆様、大会準備運営にご協力いただきました皆様へ御礼申し上げます。

第25回日本自閉症協会全国大会(広島大会)
第51回全国情緒障害教育研究協議会広島大会

2016年5月には発達障害者の支援の一層の充実を図るため、「ライフステージを通じた切れ目のない支援」、「家族なども含めた、きめ細かな支援」、「地域の身近な場所で受けられる支援」をポイントに発達障害者支援法が改正されました。医療、福祉、教育、就労等の各分野が相互の連携や地域課題の共有のもとで支援体制を構築し、「発達障害者1人1人の尊厳にふさわしい日常生活や社会生活」の実現が求められています。同年4月には障害者差別解消法が施行され、障害のある人に対する基礎的環境整備や合理的配慮の提供が求められています。

第25回全国大会(広島大会)ご参加のお願い
~広島への思いを参加で伝えよう~

一般社団法人 日本自閉症協会 会長 市川 宏伸

一般社団法人日本自閉症協会
会長 市川 宏伸

この度の西日本を中心とした豪雨において被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

現地役員をはじめ関係者の皆様の御尽力で会員の方達の状況について徐々に情報が入っているところですが、まだまだ全会員の安否や状況確認が難しい状況にあります。現在でも不自由な生活を余儀なくされていらっしゃる方、今後の二次災害への懸念のある方も多いかと思われます。全国の皆様からのご心配の声も多くお受けしております。お心をお寄せいただいた皆様には感謝申し上げます。今後の対応につきましては、現地の協会とご相談しながらすすめてまいりたいと考えております。

そうしたなかではありますが、本年9月15日(土)、16日(日)に行われる第25回全国大会(広島大会)は、会場周辺および広島市中心部では人の移動も特段の支障はないことから、予定通り開催することで準備をすすめています。

ただ広島県内は被害も広範に激しく、日常生活に支障のない方は皆無という状況です。広島市および県内市町を結ぶ主要交通機関の復旧が大会までに間に合わないことも確実となりました。

そうした中でも、大会を成就しようと全力で取り組んでおられる実行委員会の現地メンバーに感謝申し上げます。

つきましては、是非全国から広島に集い、広島への思いを伝え、力を合わせていこうではありませんか。全国の皆様におかれましては、被災地のメンバーを勇気づけるためにも、全国大会への揃ってのご参加を是非ご検討いただけますようあらためてよろしくお願いいたします。

記念講演
Memorial Lecture

「わかりあうこと~違うことへのリスペクト」

為末 大 氏

開催地である広島市出身で元陸上選手の為末大氏を講師にお招きします。
為末氏は2012年に引退し、現在はスポーツとテクノロジーに関するプロジェクトを行うDEPORTARE PARTNERS(デポルターレ・パートナーズ)の代表を務めています。その活動の一つに、「誰もが分け隔てなく自分を表現することを楽しんでいる風景を作る」というコンセプトのもと、新豊洲Brilliaランニングスタジアムの館長をしています。現役時代の経験と、現在取り組まれている活動をもとにお話していただきます。

シンポジウム
Symposium

シンポジウム1
楽しめる“療育”をめざして。
~自閉症特性を伸ばす子育て~

様々な立場で幼児の療育に関わる方々をシンポジストに迎えて、現在の実践や今後の課題等についてお話いただき、療育の可能性や多様性について考えます。

シンポジウム2
楽しさのある“学校”へ。
~毎日笑顔で過ごせる学校~

各分野のシンポジストの皆様に「自閉症スペクトラムの子どもにとって学校とはどんなところなのか?」を提言していただきます。

シンポジウム3
楽しく生きる“地域”で。
~ひとりひとりが大切〜

自閉症スペクトラムの当事者が地域で生活することが当たり前の社会を目指して、地域での生活の在り方や支援等について考えます。

日程(予定)
Agenda

9/15(土)

9/16(日)

日程(予定)
Agenda

9/15(土)

9/16(日)

参加費
Entry fee

2日間 9/15のみ 9/16のみ
大会参加費 5,500円 3,000円 3,500円
自閉症協会会員 5,000円 2,500円 3,000円
学生 一律 2,500円
懇親会 5,000円

主催

一般社団法人日本自閉症協会
特定非営利活動法人広島自閉症協会

共催

全国情緒障害教育研究会

全国情緒障害教育研究協議会と共催

日本自閉症協会と全国情緒障害教育研究会は、同時期に発足しており、その創設時から深いかかわりがあります。2018年は共に50周年という大きな節目を迎えます。日本自閉症協会は前身が親の会とする親や支援者の会、全情研は教員と支援者の研究会であり、会員や会の性質に違いはあるものの、共に「自閉症スペクトラム」の支援における教育、福祉等の推進をはかることを目的としております。今回の共催でさらに連携を深め、保護者と教員が子どもにとって良い連携を図るために、直接的な対話が行える機会となることは、大変有意義なことです。学校と保護者、その他関係機関との「連携」も、特別支援教育では重要なテーマになっています。
本大会がこのような学校現場のニーズにも応えられる機会となれば幸いです。

後援団体(予定)

厚生労働省/文部科学省/広島県/広島市/広島県教育委員会/広島市教育委員会/社会福祉法人全国社会福祉協議会/発達障害者支援センター全国連絡協議会/全国特別支援教育推進連盟/一般社団法人日本発達障害ネットワーク/日本自閉症スペクトラム学会/全国手をつなぐ育成会連合会/公益財団法人日本ダウン症協会/公益財団法人日本知的障害者福祉協会/一般社団法人全日本自閉症支援者協会/社会福祉法人朝日新聞厚生文化事業団/公益財団法人明治安田こころの健康財団/社会福祉法人NHK厚生文化事業団/日本感覚統合学会/全国都道府県教育長協議会/全国特別支援学校長会/全国特別支援学校知的障害教育校長会/全国特別支援学級設置学校長協会/全国連合小学校長会/全日本中学校長会/全国高等学校長協会/全国国公立幼稚園・こども園長会/全日本私立幼稚園連合会/全日本特別支援教育研究連盟/独立行政法人国立特別支援教育総合研究所/NPO法人全国ことばを育む会/広島県発達障害者支援センター/広島市発達障害者支援センター/広島県立障害者療育支援センター/広島県特別支援教育研究連盟/広島県情緒障害教育研究会/社会福祉法人ともえ会/広島県知的障害者福祉協会/公益社団法人広島県就労振興センター/広島県障害者スポーツ協会/一般社団法人広島県手をつなぐ育成会/社会福祉法人広島市手をつなぐ育成会/広島発達障害親の会明日葉/日本ダウン症協会広島支部えんぜるふぃっしゅ/NPO法人スペシャルオリンピックス日本・広島/NPO法人ひろしまNPOセンター/認定NPO法人ひろしまチャイルドライン子どもステーション/広島県障害者相談支援事業連絡協議会/中国新聞社会事業団/中国新聞社/NHK広島放送局/中国放送/広島テレビ/広島ホームテレビ/テレビ新広島/広島エフエム放送